ニキビ跡が残らない予防法

ニキビ跡が残らない方法

 

ニキビができるとニキビ跡残る場合があります。ニキビは10代からでき始めます。10代の思春期ニキビはホルモンのバランスの関係でニキビができ始め成人のころにはおちつきはじめます。成人以降にできるニキビを大人ニキビと言われていますが、大人ニキビの原因は合わない洗顔や化粧水や化粧品を使用していることや食生活、生活環境の問題でしょう。

 

まず、ニキビを予防するために肌を清潔に保ったり、甘いものを人並以上食べないようにする。ニキビができる原因をつきとめて治していくことです。肌を不潔にしていると汚れや皮脂が毛穴につまり蓄積されてニキビとなります。
ニキビでも初期段階ではニキビケアで自然と消えますが、炎症を起こしてしまうとつぶしたり、自然につぶれたりして膿が破裂します。これがニキビ跡となるわけです。初期段階のうちにしっかりとケアをすることでニキビは治ります。
ニキビ跡が残ると消えることはありません。じゅうぶんなニキビ予防、初期段階でのニキビケアを心がけましょう。

 

ノコアは効果なし?